<< 日盛俳句祭 | HOME | 男まえ >>
女子の論語
 


実家の門の前にある、植田。
マンションが映りこんでいる。

***************************

友人の亜子さんが、新刊を出された。


祐木亜子『女子の論語』(サンマーク出版)


中国の文学や文化にほれ込み、職を辞めて
単身、中国へ飛び込んだ経験をもつ亜子さん。
大学時代から学んできた中国に関する知識と、
現地での豊富な経験をいかして、
いまでは、中国にまつわる本を、何冊も書く作家さんだ。
とってもキュートな人。

新刊は、『女子の論語』。
これまでは、ビジネス本などで解釈されることが多かった
『論語』を、女性の視点で読んだら、
孔子の言葉はどのように解釈できるだろうか・・・
そんな面白いコンセプトの本だ。
論語と出会ってから15年、
アイディアが浮かんでから5年、
じっくりと時間をかけて作られた一冊である。
装丁も、赤に白抜きの文字で、とってもかわいい。

『論語』はそもそも、具体的な事象を述べるというより、
抽象的な人生論なので、ビジネスにも解釈できるし、
女子的視点でも解釈できる、ということらしい。
本には、一ページごとに、
論語の一節と、それを解釈した亜子さんの文章が
セットで書かれている。

どれも、示唆に富む、というとかたくてそぐわないな、
「ああ、分かるなあ」と思わずうなずきたくなる
至言なのだが、中でも私が気に入ったのは次の一節。


これを失わんことを患(うれ)うれば、至らざる所なし。(陽貨篇)

安定した職やあたたかい家庭・・・。
一度手に入れた幸せって、失うのが恐いもの。
でも、それらを失っても、自分の未来まで失われるわけじゃない。
おまけに、苦労して得たものも、
死ぬときには何ひとつ持っていけない。
だから、得たものを失うことばかり心配しないで、
今ある生活を「ありがとう」って気持ちで過ごそうよ。



まさに。まさに。
過去ではなく、皮算用の未来ではなく、今を大切にしよう。
そう思えます。
 
| - | comments(5) | trackbacks(0)


COMMENT


忍さま>あこさんの記事、ご紹介くださりありがとうございます!
あこさん、今、俳句をはじめられて、句会にも参加しているそうです。とてもすてきな女性です。かわいらしいのに芯がとおっているというかたです。

まだまだ月のうつくしい日が続きます。いい句を作りたいですが、まずはその月の出を素直によろこびたいと思います。
| saki | 2011/09/14 8:21 PM |
中日新聞の8/23の「この人」に祐木亜子さんが取り上げられていました。

若い女性向けに論語を解釈する 祐木亜子さん

「中国の若い女性って自立し,自律しているんです。その理由は家庭で親や祖父母から教えられた論語の精神があるって分かったんです」。「女子の論語」(サンマーク出版)を書いたきっかけを明快に語る。そこには,20から30代の日本女性が直面する仕事や恋愛の悩みに,自らの経験を踏まえ論語を現代的に解釈して答えようとする試みがある。例えば「行くに径(コミチ)に由らず」の解釈では,「成功に近道はないんだよ。広い道の真ん中を,堂々と歩いていこう」と励ます。自らもこうした論語の精神を実践する行動派だ。山口県で高校までを過ごし,大学は仙台の東北大へ進み,就職は名古屋の中部電力を選んだ。しかし,学生時代に抱いた中国で仕事がしたいという思いが断ち切れず,四年で会社を辞めて,西安交通大学に留学してしまった。帰国後,書きためたメモを元にした本がある出版社の賞に輝き,文筆業になった。その傍ら翻訳や通訳,日中関係の講演をこなす。「これまでの経験を生かし,若い女性や子どもの教育に携わっていきたい」と抱負を語る。36歳,独身で両親の頭痛の種とか。

以上,長くなってしまいましたが,新聞に掲載された内容です。

| 忍(SHINOBI) | 2011/08/23 5:01 PM |
こんにちは。三日間、徳島に仕事関係の研修に行ってました。
ホテルのエレベーターで知り合った方が中国人でした。孔子の古里から来たと言ってました。

韓国のすごいイケメンとも知り合いました。彼の専門は精神心理療法。
彼といっしょに、ある書道展も見ましたが、書道は日本の伝統文化の一つと紹介しつつ、作品の内容は中国の漢詩や四書五経から引用したものが多かったように思います。

それにしても、人間嫌いで無愛想な自分に全国から来た有志が様々なことを教えてくださり、目には見えない心の財産を恵んでくださりました。

捨てよう、すべて捨て去ろう、との思いがあったのですが、満ち充ちて帰ってきました。
| しゅう | 2011/07/18 12:10 PM |
中国は 香港とマカオと上海しか
いったことがないが

いずれも 外国の 特にヨーロッパの
影響を強くうけたところで
外国の金融機関がたくさんある

論語とは無縁のようであるが
漢字があるところには
必ず論語があるようにおもう・・・

漢字そのものが 論語かもしれない
| 中江三青 | 2011/07/18 11:28 AM |
今を大切にしよう

当たり前のようで忘れている事かも知れませんね(^^;)

心のノートに書き留めておこうと思います(^^)
| 忍(SHINOBI) | 2011/07/18 8:09 AM |
POST A COMMENT









この記事のトラックバックURL
http://konosaki.jugem.jp/trackback/309
TRACKBACK



きつねの望遠鏡

神野紗希のブログ。
俳句にまつわることを中心にした、
日常雑記です。


青嵐ピカソを見つけたのは誰   紗希

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
告知・募集関係
●「俳句研究」2011年夏の号発売。 中原道夫さんにロングインタビューさせてもらってます。
角川マーケティング「俳句研究」編集部

●NHK学園オープンスクールで、句会のカルチャー講座、担当します。
・NHK学園 国立本校
毎月 第四木曜日 10:30〜12:30
(7月28日・8月25日・9月22日)
お問い合わせ先  042-572-3151

・NHK学園 新宿教室
毎月 第三木曜日 13:30〜15:30
(7月21日・8月4日・9月15日←8月はお盆休みのため変則)
お問い合わせ先  03-5322-6564

●震災の影響で中断していたNHKカルチャーの講座、10月に再開します。
NHK町田教室「俳句入門 ことばの引力」第3土曜日10:30〜12:30。お問い合わせはNHK文化センター町田教室042-726-0112まで。

●7月15日発売の「俳壇」2011年8月号、
「俳壇トップランナー」に新作20句と、
櫂未知子さんに書いていただいた作家評が掲載。

●『虚子に学ぶ俳句365日』(草思社)発売中。
40句強、虚子句の評を書いてます。
1500円(税込・送料無料)。
ご希望の方は
spica819@gmail.com
まで。amazonなどでも購入できます。
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode