<< 俳句スイーツ始動 | HOME | 八日目の時間 >>
120周年
 
母校の小学校が、今年、120周年を迎えるそうだ。
その記念行事の一環で、卒業生として、子どもたちに俳句を教えてほしい、
という依頼を受けて、この日、900人の生徒たちと、俳句を作ってきた。

学校の誕生日のようなものだから、ということで、
学校生活のなかで「夏だなあ」と感じる瞬間を
いくつか書きだしてもらって、そこから、
これがいいと思うひとつを選んで、俳句にしてもらう。
学校への「挨拶句」だ。

プールで泳いでいるとき、息継ぎしたら友達の顔が見えたこと、
育てているヘチマにペットボトルで水をやること、
野球をしていたら遠くの車がゆらめいていたこと、
昼休みに鉄棒を触ったら熱くて手を離してしまったこと、
みんな、日々のひとこまを、よく覚えている。

わたしが小学校に通っていたころに、ちょうど、
学校が100周年を迎えた。
あれから20年経っていることになる。

今年、掘り起こされるタイムカプセルは、
在学中、100周年のときに埋めたものだ。
その中には、当時の子どもたちが将来の夢を書いた紙が
詰まっていて、わたしのものも入っているはず。

そのころ、将来の夢は「小説家」と書いた覚えがある。
本棚の前で、ねじりはちまきをして、夜に卓の灯をつけて、
汗をかきながら原稿用紙に向かっている、
そんなイラストも添えたと思う。

結局、小説のような長いものは書かなかったけれど、
ことばを書くということには、いまだに取りつかれている。
原稿用紙ではなく、パソコンに向かっているところが、
時代の変化だろうか。

大きくても、小さくても、夢を持つのは素晴らしいことだ。
明日が来るのが、楽しみだってことだからだ。
俳句もそう。毎日がおんなじ日のくりかえしに見えても、
帰り道に咲いていたむらさきの花がきれいだったり、
夕食で出たピーマンの肉詰めが美味しかったり、
世界は少しずつ、季節が移ろっている。
だから、ちょっと立ち止まってみると、
毎日が、かけがえのない一日いちにちになる。
そうするとやっぱり、明日が来るのが、また楽しみになる。
そんな風にして、毎日を楽しめるといい。

そんな話で締めくくった。




君たちに明日がある夏の空がある    紗
| - | comments(3) | trackbacks(0)


COMMENT


私の回りの地域では,少子化の影響で母校がなくなっていく事が多くなってきました(T_T)

その当時には特別な思いを抱かなかった学校も,卒業して大人になると「母校」で繋がるたくさんの思い出があるように思えます。

思いでのひとつに「将来の夢」を書いたのがタイムカプセルで甦るのは,自分を振り返り明日へ進んでいくのにイイきっかけかもしれませんね(^^)
| 忍(SHINOBI) | 2011/07/18 3:43 PM |
よいことをされましたね。
子供たちは、よろこんでましたか。

私は小学生のとき、悪さをしたので、
1週間も朝から夕方まで、教室の教壇の片隅で正座をさされたことがありました。笑。授業も給食も正座。休み時間も、掃除時間も正座。

いまから思えば、その1週間が一生こころに残る、貴重な時間でしたな。

俳句を学んだ子供たちの中から、将来立派な俳人がでるかもしれんよ。
| しゅう | 2011/07/18 12:35 PM |
わたしの球が打てるかな
打てるものなら打ってごらん

君たちに明日がある夏の空がある

三振してもいいから
ちからいっぱいふりきるのよ
| 中江三青 | 2011/07/18 9:55 AM |
POST A COMMENT









この記事のトラックバックURL
http://konosaki.jugem.jp/trackback/311
TRACKBACK



きつねの望遠鏡

神野紗希のブログ。
俳句にまつわることを中心にした、
日常雑記です。


青嵐ピカソを見つけたのは誰   紗希

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
告知・募集関係
●「俳句研究」2011年夏の号発売。 中原道夫さんにロングインタビューさせてもらってます。
角川マーケティング「俳句研究」編集部

●NHK学園オープンスクールで、句会のカルチャー講座、担当します。
・NHK学園 国立本校
毎月 第四木曜日 10:30〜12:30
(7月28日・8月25日・9月22日)
お問い合わせ先  042-572-3151

・NHK学園 新宿教室
毎月 第三木曜日 13:30〜15:30
(7月21日・8月4日・9月15日←8月はお盆休みのため変則)
お問い合わせ先  03-5322-6564

●震災の影響で中断していたNHKカルチャーの講座、10月に再開します。
NHK町田教室「俳句入門 ことばの引力」第3土曜日10:30〜12:30。お問い合わせはNHK文化センター町田教室042-726-0112まで。

●7月15日発売の「俳壇」2011年8月号、
「俳壇トップランナー」に新作20句と、
櫂未知子さんに書いていただいた作家評が掲載。

●『虚子に学ぶ俳句365日』(草思社)発売中。
40句強、虚子句の評を書いてます。
1500円(税込・送料無料)。
ご希望の方は
spica819@gmail.com
まで。amazonなどでも購入できます。
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode