俳句スイーツ始動

 

道後はレグレットカフェで、試作品のクリームソーダをいただきながら打ち合わせ。
議題は「俳句スイーツ」。



「俳句スイーツ」というのは、お菓子の中で、季語になっているものに
スポットをあてて、それに「俳句スイーツ」という名前をあてて、
カフェの甘味メニューとしておだししよう、という企画。
お菓子を通して、季節を味わって、
「美味しいね」っていうさりげないところから、
俳句も一緒に楽しんでもらえたらいいね、ということで始まった。

ここ数年、「松山観光×俳句」ということで、
いくつか、「一緒に企画を」と声をかけていただいて
楽しませていただいたのだけど、
そういう場合の俳句の使われ方が、もっぱら
「観光客のひとに俳句をつくってもらう」というものだったことから、
もっとさりげないかたちの「松山×俳句」があってもいいんじゃないかな、
と思ったのが、「俳句スイーツってどうだろう」と思ったきっかけ。



一句も作ったことがない人でも、
季節感を大切にする、季節をたのしむ、そういうことが、
もうすでに俳句を楽しむことだと思っているので、
そんなかんじで、「美味しそうなんで食べてみたら、
俳句に関係するものだった」とか、
「面白そうだと思ってやってみたら、俳句の季語の行事だった」とか、
そういう「俳句×松山」のありかたも、
またあっていいんじゃないかなと思っていた。
(もちろん、すでに、観光のかたに俳句を作っていただくという
観光プランが、じゅうぶん整備されていたからという背景はある)

そんな話をしたら、ちょうど新しくカフェを出すという、
道後椿倶楽部の美しすぎる店主・黒川さんが、
「やりましょう」といってくださり、あれよあれよという間に実現。

松山在住の書家、白晃さん(素敵なかた!)に句や文字を書いてもらい、
デザイナーの石川さん(デキるオンナ!)が、ポスターやメニューをかたちに。



このカフェを中心に、どんどん人が集まってきて、
出会いがあって、その熱気がつくった企画。
俳句の縁のことを「俳縁」というけれど、
これも「俳縁」だっていったら、我田引水過ぎるかな。


夏のメニューは、
「蜜豆」「葛饅頭」「水羊羹」「シャーベット」からひとつと、
コーヒーor紅茶のセット。

スイーツには、蜜豆なら蜜豆の、
葛饅頭なら葛饅頭の句と、その簡単な解説が記載された、
栞が添えられます。
その句を選ぶのと、解説を書かせてもらってます。
解説があると、句の意味を理解する
補助線になるのではと思って、
そのようになるように頑張って書きました。

「俳句スイーツ」というと、なんだろうってかんじですが、
要は、俳句の季語を楽しみましょう、という、
シンプルで伝統的なこと。
目の前のお菓子を通して、子規や虚子、
現代の俳人たちの句が、
読んだ人にすっと入っていってくれれば、
それも、俳句を読むのが好きな私としては、
とても最高なことです。




俳句スイーツのセットがメニューに加わるのは、
7月15日(金)〜。

道後 レグレットカフェ
| - | comments(12) | trackbacks(0)
絶景、絶景
 


朝いちばんの飛行機で、松山へ。
瀬戸内海上空はよく晴れていて、
しまなみ海道が、とってもくっきりと見えた。

ほかの海を知れば知るほど、
こんなに島が浮かんでいる海は珍しいほうなのだ、
ということがわかってくる。



家に帰ると、庭が一気に夏に。
前に帰省してから一ヶ月も経っていないのに。
透き通るような百合も、ぴんと張る蜘蛛の巣も、
きらきらと夏の日ざしに照り映える。




蜘蛛の巣に飛行機雲のひかりかな    紗
| - | comments(5) | trackbacks(0)
×SST
 

水曜の夜は、卯波のお座敷で、
SST(榮猿丸さん・関悦史さん・鴇田智哉さん)の3人をお呼びして、
スピカの座談会をば。
時間いっぱい、たくさん話を聞かせてもらう。
お三方、ありがとうございました!




終電が来る音階段を昇る    紗
| - | comments(1) | trackbacks(0)
高幡不動
 
110707_151947.jpg

今日は、とある俳人に会うため、その方のホームの高幡不動へ。
高幡不動尊の参道には、立派な七夕飾りが。
ああ、今日は七夕なのだ。


110707_152040.jpg

なんとかわいい・・・
しかし、きりんという名前の俳人を知っている身としては、
あまりおすすめしない願いである(?)。

110707_154547.jpg

高幡不動尊には、全国各地から集めた山アジサイが、
50種以上もあるけれど、私は、ここではじめて、この花を見た。
八重の十薬だ。

とってもかわいい花。
ひかげに咲いて、とっても涼やかだ。

たくさんお話をうかがって、有意義な一日だった。
高幡不動尊の紫陽花祭りは今日までだったけど、
紫陽花は、まだまだ見ごろという感じ。
暑い夏だからこそ、涼しい色彩に癒されることもある。

さて、七夕の願いごとは、とりあえず、無病息災で。
かんたんなようでいて、なかなか実現されないことです。
| - | comments(4) | trackbacks(0)
クレマチス
 


弘前でみかけたクレマチスの花。
クレマチスは、まさに「花」という花のありようで、昔から好きだ。

中学時代、板に彫刻する授業で、
クレマチスを彫った。
丁寧に彫ったので、ふっくらとした花びらも、
なんとなく表現できた記憶がある。

そういえば、
はじめにクレマチスを見たのは、どこだったんだろう。
思い出せない。
| - | comments(4) | trackbacks(0)
なにに耐えているのか
 


弘前の広場でみかけた彼女。

すごいしかめっつら。
なにに歯をくいしばっているのか。


とってもつらそうである。







むむむ・・・




むむむむむ・・・




実は・・・





りんごがたくさん入ったかごを提げていたのですな。

林檎系女子も、大変なようである。



(そのむこうにはりんごのオブジェをのっけたポストが)


(そしてそのむこうには、うつくしい岩木山が)




この「弘前りんご公園」では、期間限定で、
アップルパイの食べ比べプレートが販売されている。
これ、すばらしい。

珈琲or紅茶と、市内人気店のアップルパイ各種6切れが、
セットになっている。

この日は、その期間限定の時期ではなかったのだけれど、
市役所のかたが特別に用意してくださったとのこと。
文香と大いに盛り上がり、「これはすばらしい」
「期間限定といわずやってほしい」とばくばくいただいたのだった。

やっぱり、弘前来て、林檎にまつわるもの食べて、
「ああ、弘前きた!」って感じがします。
しかも、それがとっても美味しければ、いうことなし。
そんな、「いうことなし」の食べ比べプレートでした。
| - | comments(3) | trackbacks(0)
告知もろもろ
 


5月、山梨のワインセミナーに参加したときの、車窓から見た景色。
もう、それは、うつくしかったのです。

************************

7月から、NHK学園オープンスクールで、
二つ、カルチャー教室の俳句入門講座を
持たせてもらえることになりました。

30分程度の、俳句や言葉に関する簡単なレクチャーのあと、
句会(3句出し、事前投句)をします。
私も、一緒に成長していけたらと思います。


■ NHK学園 国立本校

毎月 第四木曜日 10:30〜12:30
(7月28日・8月25日・9月22日)

お問い合わせ先  042-572-3151



■ NHK学園 新宿教室

毎月 第三木曜日 13:30〜15:30
(7月21日・8月4日・9月15日←8月はお盆休みのため変則)

お問い合わせ先  03-5322-6564


**********************

■7月15日発売の「俳壇」2011年8月号、
「俳壇トップランナー」のコーナーに取り上げてもらってます。
新作20句が掲載されるほか、ちょっとしたアンケートも出ます。
作家評いただいたのは、櫂未知子さんです。感涙です。


■それから、週刊俳句219号に、

週刊俳句時評37回 ビフテキと冷や奴
宇多喜代子句集『記憶』を読む

寄稿してます。
とても素晴らしい句集です。

■俳句結社誌「澤」2011年8月号の「永田耕衣特集」に、
「永田耕衣と新興俳句」寄稿してます。
永田耕衣の揺り籠時代、調べて楽しかったです。

■街コミ誌「松山百点」2011年7月・盛夏号に、
「愛媛から飛び立った若手俳人たち」でインタビュー受けてます。
森川大和・佐藤文香・谷雄介の三氏とともに。

こちらから、デジタル版でも読めるようです。

**********************

相変わらず、粛々と、スピカも続いてます。

冨田拓也さんやきりんくん、若之くんの連載に加えて、
今月は御中虫さんが、毎日一句と短文を寄せてくれています。
御中さんと暮らしている兎、“ノニノニ”が、
御中句を語る、という形式の、
「我輩は猫である」の兎バージョンの短文。
7月になったので、拙句新作も7句、発表しました。

手を加えねばならないところ多々なので、
おいおい済ませてゆきたいと思います。

まずは、<produced by 酒井俊祐>について
とにかくわかるかたちで明記したく。

*「スピカ」のウェブサイトの構築は、
すべて酒井くんが手掛けてくれました。
そんな能力があったとは…ほんとうに、ありがとう。


俳句ウェブマガジン 「スピカ」HP
| - | comments(14) | trackbacks(0)
東日本大震災俳句コンクール



友人が、被災地を訪れた際の、写真を見せてもらった。
震災から三カ月たっていても、あたりにはがれきがまだたくさんあり、
車や船も、放置されたまま。
言葉少なに語るその様子は、私にはやはり、想像がつかない。


「東日本大震災 俳句コンクール」、もうすぐ(7月8日)締切です。


応募作品 未発表作品1組2句(内容自由)/一人何組みでも可

応募方法 原稿はB5原稿用紙またはそれと同じ大きさの用紙使用。
住所、電話番号、氏名(俳号)、年令、性別を記載。

投句料 1組1000円(小為替同封のこと)
(すべて義捐金として寄付されます)

選者 高野ムツオ

顕彰 佐藤鬼房奨励賞 1名、高野ムツオ奨励賞 10名ほか多数

発表 俳句・小熊座9月号、俳句研究秋号など

応募先 〒985−0022
宮城県塩竈市新富町5−7−402 浪山克彦方
鬼房顕彰全国俳句大会事務局

締切 平成23年7月8日(金)

| - | comments(4) | trackbacks(0)
弘前×林檎


六月末、青森は弘前にいってきました。
俳句甲子園関係の講習のためでしたが、
弘前の方はいろいろと案内もしてくださいました。
「弘前を宣伝してね!」といわれるまでもなく、
素敵なスポットがたくさん。
ちなみに、一枚目の写真は、
古い街並みをミニチュアで再現したおうちのひとつにいたおじさん。
なかなかナイスキャラです。



これは、広場にいた、奈良美智の「あおもり犬(あおもりけん)」。
若之くんとツーショット。



ミニチュアの向こうに顔を出すのは文香。
まるで、円谷プロの世界に迷い込んだような、
精緻でかわいいミニチュア。
なんてことない一角ですが、とても楽しい。



「ねぷた村」という施設では、津軽三味線体験も。
ギターのように弾いてはいけない、
バチをしっかり面に叩きつけなければいけない、ということを学ぶ。 



弘前のまちづくりの、なんといっても素晴らしいのは、
とにかく「りんご」推しのところ。
町の至るところに、りんごをかたどったものが。
これはカーブミラー。




自転車進入禁止の標識も。




ポストのうえにも。



レンタサイクルまで。


ああ、松山も、このくらい「みかん推し」すると、
観光客としては写真もとりたくなるし、楽しいのになあ!!!
楽しいだけでなく、街づくりを学んだ2日間でした。
| - | comments(4) | trackbacks(0)
レモンスカッシュそのほか
 
110615_134428.jpg

月に一度は、なんやかんやで松山に帰省している。
写真は、六月に帰ったときの、とある企画の打ち合わせの卓。
カフェの店主×書家さん×デザイナーさん(みんな女性!)。
七月のなかばには、全貌が明らかになり、
正式にお知らせできると思います。


<俳句×観光>といえば、
観光地をめぐって俳句を作る、というものがほとんどだけど、
もっとたくさんの、俳句との交わり方があっていいんじゃないかな。
俳句を作って批評し合うのは、もちろん楽しいんだけど、
作らなくても味わえる俳句の醍醐味もたくさんあるので、
そういうコンテンツも、少しずつ増えていくといいな。
そんな草の根、草分け的な企画です。

道後は、レグレットカフェにて。
下の写真にあるのは、レモンスカッシュ。
愛媛産のレモンを、その場で絞る。
フレッシュ感、ハンパなかったです。

110514_173925.jpg


計画に夏野の風が少し混じる     紗
| - | comments(3) | trackbacks(0)

きつねの望遠鏡

神野紗希のブログ。
俳句にまつわることを中心にした、
日常雑記です。


青嵐ピカソを見つけたのは誰   紗希

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
告知・募集関係
●「俳句研究」2011年夏の号発売。 中原道夫さんにロングインタビューさせてもらってます。
角川マーケティング「俳句研究」編集部

●NHK学園オープンスクールで、句会のカルチャー講座、担当します。
・NHK学園 国立本校
毎月 第四木曜日 10:30〜12:30
(7月28日・8月25日・9月22日)
お問い合わせ先  042-572-3151

・NHK学園 新宿教室
毎月 第三木曜日 13:30〜15:30
(7月21日・8月4日・9月15日←8月はお盆休みのため変則)
お問い合わせ先  03-5322-6564

●震災の影響で中断していたNHKカルチャーの講座、10月に再開します。
NHK町田教室「俳句入門 ことばの引力」第3土曜日10:30〜12:30。お問い合わせはNHK文化センター町田教室042-726-0112まで。

●7月15日発売の「俳壇」2011年8月号、
「俳壇トップランナー」に新作20句と、
櫂未知子さんに書いていただいた作家評が掲載。

●『虚子に学ぶ俳句365日』(草思社)発売中。
40句強、虚子句の評を書いてます。
1500円(税込・送料無料)。
ご希望の方は
spica819@gmail.com
まで。amazonなどでも購入できます。
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode